ドナルド・ジャッド【Judd】

ドナルド・ジャッド(Donald Clarence Judd 1928年 - 1994年)アメリカ合衆国・ミーズリ州出身。20世紀を代表する画家・彫刻家・美術評論家であり、ミニマル・アートを代表するアーティストの一人でもある(ジャッド本人はこのムーブメントの作家として扱われることに否定的であった)。近代彫刻の新しい流れをもたらし、アルミニウムなどの産業素材を使用した彫刻作品を制作。
哲学を学んだ後、Rudolf WittkowerやMeyer Schapiroの元で美術史の修士号を目指し、またニューヨークのArt Students League of New Yorkの夜間学校にも参加した。1959年から1965年には、主要なアート雑誌に美術批評を書いた。画家・版画家としてスタートさせ、50年代には抽象表現主義に影響を受けた作品を制作、初個展も開催する。60年代に入ると立体作品へと手法を移行し、「スタック」シリーズや「スペシフィック・オブジェクト」と呼ばれる四角い箱を並べた作品などを展開。80年代には数々の建築プロジェクトを手掛け、建築論も展開。1968年、ジャッドは1870年にNicolas Whyteが設計した5階立ての建物を購入し、住居とスタジオとして使用した。

本書は、2020年3月1日から7月11日までアメリカ・ニューヨークのThe Museum of Morden Art(MoMA)にて開催の展覧会を機に刊行された書籍です。30年以上のアーティストキャリアを持つドナルド・ジャッドのMoMAでの初回顧展の刊行物である本書は、近代彫刻の分野を変革した素材や新たな体系を生み出したジャッドの作品を350点のカラー図版で掲載した記念すべき一冊です。

出版社:  The Museum of Modern Art, New York
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 304ページ
サイズ:  30.5 x 24 cm
状態:   新刊
その他:  カラー図版350点

販売価格

9,000円(内税)

SOLD OUT



新入荷!