ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー【Turner’s Apprentice】

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(Joseph Mallord William Turner 1775年 - 1851年)グレートブリテン王国・ロンドン出身。ギリスを代表するロマン主義の画家。1789年に風景画家トーマス・マートンに弟子入り、1789年にThe Rpyal Academy of Artsにて学び、1799年には24歳の若さでロイヤル・アカデミー準会員となる(1806年には、正会員となる)。生涯ロンドンに住み、550点以上の油画、2000点の水彩画、その他30000点の作品を残した。

現代の画家は、どうすればずっと前に亡くなった巨匠のテクニックやメソッドを学ぶことができるのか?本書は、長年の研究と実践に基づいて、その方法を一冊にまとめました。
Tony Smibertは、この本で仮想の’実習’をもたらします。ターナーをエミュレートしながら、現実的で独創的で革新的なSmibertの発見した方法とアプローチを書き記しています。(Tony Smibertは、水彩画で知られています)約50年間に、西洋と東洋のアイデアと原則を巧みに組み合わせて、ターナー絵画の実践に関する全く新しい視点を引き出しました。
絵を描く人たちへのマニュアル本ですが、絵画鑑賞が好きな方にとっても、刺激的な内容です。


出版社:  Thames and Hudson
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 144ページ
サイズ:  27 x 24 cm
状態:   新品
その他:  図版250点

販売価格

2,500円(内税)

購入数



新入荷!