ロバート・メープルソープ【Robert Mapplethorpe】

ロバート・メープルソープ(Robert Mapplethorpe 1946 - 1989年)アメリカ合衆国ニューヨーク州出身の写真家。優雅で時としてショッキングなヌード、黒人や白人のポートレート、花の静物写真、SMのセクシャルなイメージは、アメリカやヨーロッパで広く知られ、批評の対象となりました。彼の死後、性的にストレートな彼の作品が芸術作品であるかをめぐり、ワシントンD.C.のコーコラン・アート・ギャラリーでの彼の展覧会が中止になるなど、物議を醸しました。
The Parrot Institute in Brooklynでグラフィックアートを専攻し学士を取得、学位をとる前に中退する。1970年に、友人から譲り受けたポラロイド・カメラで写真を撮り始めました。1967年から1972年にパティ・スミスと住んでおり、一緒に作品を制作し、生涯を通じて親密な友情を維持した。ここ日本でも、何度か写真集が問題となっている。

本書は、イギリスPhaidon社が新たに刊行したメープルソープの作品集です。表紙には美しい星条旗が据えられた黒いクロス貼りのスリップケースに収められ、パティス・スミスの美しい詩が収録されています。初期作品から晩年までの写真が、非常に高い品質で掲載されており、Andrew Sullivanによる前書きから始まり、Mark HolbornとDimitri Levasによって巧みに編集されています。

出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 384ページ
サイズ:  30.8 x 29.2 cm
状態:   新刊
その他:  図版250点、スリップケース入

販売価格

18,100円(内税)

購入数



新入荷!