ロバート・フランク【Peru】

ロバート・フランク (Robert Frank 1924年 - 2019年) スイス・チューリヒ出身の写真家、ドキュメンタリー映画製作者。1947年にアメリカ合衆国へ渡りバイナショナルとなる。現代を代表する写真家の一人でもある。1958年に刊行された代表作「The Americans」は、当時のアメリカ社会を第三者の目線で捉えた新鮮でニュアンスある見方が評され、現代のトックビルとされた。また、従来の写真美学とは違った映画的なシークエンスによる見せ方は、ドキュメンタリー写真の新たな可能性を見出した。
1947年のアメリカ合衆国へ移住後、ハーパース・バザーなどのコマーシャル写真(ファッション写真)にて働く。その後、欧州を中心に様々な場所を旅しながら撮影し始め、その功績はエドワード・スタイケンやウオーカー・エヴァンズらに認められた。「ザ・ファミリー・オブ・マン」展への参加や、フォーチューン誌にて写真を発表している。1955年には、外国人として初めてグッゲンハイムの奨学金制度を取得。「アメリカの広範かつ豊富な写真による記録」を目的とし1956年までアメリカ各地を撮影する。そして、1958年に代表作「The Americans」をパリにて刊行。また、1958年以降からロバート・フランクは、16mmフィルムやビデオなどの映像作品を制作しており、1970年より写真を再開。

本書は、2008年にドイツSteidl社より刊行されました。1949年3月にロバート・フランクはスイスの母親の誕生日プレゼントを郵送しました。前年の6月から12月にペルーを訪問中だった彼が撮った一連の写真のマケットです。フランクは、後に自分のために同じ本を組み立てmました。これらの2つのマケットは現在、ニューヨーク近代美術館とワシントン国立美術館のコレクションに収められています。一部の写真は、すでに知られていますが、これまでにシリーズ全体を見た人はほとんどいません。1949年には、フランクの特徴的な写真のシーケンスはすでに示されています。
この写真集「Peru」では、自身が確認した使いやすさや柔軟性を確認できます。フランクは、「私はカメラにとても自由でした。何をすべきかは考えておらず、私は十分が良いと感じていることをしました。私はアクションペインターのようでhした」
手持ちの35mmのライカカメラを使用して、フランクは国の広大な眺望、乾燥した顔、手作業、地面にはびこる埃っぽい道路が地平線まで伸びている様子などを記録しました。本書の刊行は、フランク自身の指示の元で行われ、完全なシーケンスを提示しています。そしてこの作品は、フランクの芸術家としての歴史と写真の歴史の両方において、大きな意味を持っています。


出版社:  Steidl
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 48ページ
サイズ:  24.8 x 20 cm
状態:   新品
その他:  図版39点

販売価格

2,800円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍