【A Labour of Love】

本書は、2020年9月9日から11月8日まで、フランスのリールにて開催の展示会Lille Metropole 2020, World Design Capitalを機に刊行されました。デザイン、建築、ファッション、テキスタイルの70以上のクリエイティブスタジオの詳細なプロファイルを特徴とし、書籍デザインも優れたこの書籍は、育成や教育にとっても優れた参考資料です。

デザインキュレーター/作家のLidewij EdelkoorとPhilip Fimmanoによるこの448ページの書籍タイトル「A Labour of Love」は、クラフトマンシップのプライドと功業のオルタナティブなフォームとして名付けられました。現代は、原則が進化し、設計と製造においても注意深く、利他的なアプローチが必要とされるユニークな時期に来ています。
現代の素材と技術を反映する12のテーマに分けられ、現代デザインの新しいメーカー紹介し、責任ある生産、循環論法、倫理的実践、有機的な美学の未来をプレビューし、織機の復活や廃棄物のリサイクルから社会的包摂や成長する物質まで、デザイナーがどのように材料やプロセスをへて形を作るのかについての洞察を記述しています。美しい書籍デザインは、アムステルダムのAnthonbeeke CollectiefのMariola Lapez Marinoによるもので、厚さ5cm以上の幅広いフォーマット、背表紙のバインディング部分には、工業材料の生スラブを、そしてカバーには、Diana Schererのバイオテクノロジーファブリックをベースとした精密な転写紙を使用しています。

彼らデザイナーの意識的な哲学は、私たちを自然な形でより良い明日に導くための選択に誘導してくれるように注意深く考慮されているのです。

出版社:  Lecturis
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 448ページ
サイズ:  24 x 17 cm
状態:   新刊
その他:  厚さ約5cm

販売価格

9,300円(内税)

SOLD OUT



新入荷!