デュアン・マイケルズ【Portrait】

デュアン・マイケルズ(Duane Michals, 1932年 - )
革新的なフォトシークエンスによる物語を取り込んだ手法や、テキストを書き込んだ独自の写真作品で知られる、アメリカ合衆国の写真家。1956年、グラフィック・デザイナーを目指し、パーソンズ・スクールで学んだ後、1958年に休暇でソ連を訪れた際に写真に目覚め、独学で写真を学ぶ。この旅行の間に撮った写真は、ニューヨークのアンダーグラウンド・ギャラリーで1963年に開催され、最初の展覧会となった。
長年にわたり、商業写真家としてエスクァイアとマドモアゼルで働き、1974年には、グレート・ギャツビーの映画化に際してヴォーグの特集記事を担当。1968年にメキシコ政府から夏季オリンピックの撮影を依頼された他、1970年に彼の作品がニューヨークの近代美術館で展示。1970年の写真集『Sequences』で、一連の写真を通して物語を語る手法を用いた他、自分の写真の近くにテキストを手書きし、それによってその画像自体では伝えることができなかった情報を与えるなど、写真表現に新しい感性を持ち込み、後の写真家に大きな影響を与えた。

本書は、マイケルズの半世紀以上にわたるポートレート写真を初めて包括的に紹介する写真集になります。シークエンス写真により広く知られるマイケルズは、メジャー雑誌の写真も手がけていました。独創的で即興的な才能による傑出したポートレート作品は、彼の作品で過小評価されています。
本書では、パフォーマーのBarbra StreisandやJohnny Cash、現代アーティストの Andy Warhol、David Hockney、Jasper Johns、モダンアートの巨匠であるRené MagritteやBalthus、傑出した作家のNorman Mailer、John Cheeverなど錚々たる人物だけでなく、マイケルズのセルフポートレート作品など、これまで書籍ではほとんど見られなかった魅力的な個性を放つ作品の数々を一堂にご覧いただける一冊です。

出版社:  Thames and Hudson
タイプ:  ハードカバー
ページ数: 176ページ
言語:   英語
サイズ:  24.5 x 29.5 cm
状態:   新品

販売価格

4,800円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍