マルセル・デュシャン&サルバドール・ダリ【Dali|Duchamp】

マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp 1887 - 1968年)フランス・ノルマンディ地方出身の美術家。20世紀美術に最も影響を与えた人物の一人。兄の影響から、絵画を学び画家としてスタートしますが、1912年で絵画を放棄。その後未完の大作「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」大ガラスを制作。1913年には、大量生産された既成品を用いたオブジェを制作し、これらを「レディ・メイド」と呼んだ。大量生産品を用いることで職人的な美術作品の一点ものという概念を否定し、「美とは何か」という美術における最大の問題に触れた。この概念は、ポップアートや廃物芸術、ジャンクアート、アッサンブラージュなど後の様々な美術の領域に影響を与えた。ピカビアとの関係によりダダ、ブルトンとの関わりにおいてシュルレアリズムの両者の美術運動への関わりによりダダイスト・シュルレアリストとも言われる。また、30代後半より、制作を引退(死後、作品が見つかっているので不確か)。この「沈黙」について、ヨゼフ・ボイスは「デュシャンの沈黙は過大評価されている」と言った。チェス好きとしても有名で、その腕前はセミプロレベルだったと言われている。2004年には、ここ日本でも大阪国立国際美術館の開館記念展にて「デュシャン展」が開催。

サルバドール・ダリ(Salvador Dali 1904年 - 1989年)スペイン・カタルーニャ州出身の芸術家。20世紀を代表する芸術家であり、シュルレアリスムの代表的な芸術家でもある。
少年時代よりドローイング学校に通い、マドリードの美術のレジデンスに入る。この頃は、印象派やルネサンスの巨匠らの影響を受けた。その後、キュビズムなど前衛運動に魅了され、1920年代後半にはシュルレアリスムの傾倒し、1929年にはグループのメンバーとなる。絵画、グラフィックアート、映画、彫刻、デザイン、写真など様々なメディアを使用し、他のアーティストとの共作もあった。また、フィクション、詩、自伝、エッセイ、批評なども執筆している。主なテーマは、夢、潜在意識、セクシャリティ、宗教、科学、友人らとの人間関係であり、また風変わりで派手な生活スタイルは、注目を集めた。作品は、現代の重要なアーティストらにも大きな影響を与えている。ダリの作品を専門に扱う美術館は、スペインのThe Dali Theatre-MuseumとアメリカのThe Sakvador Dali Musein in St.Petersburgがある。

本書は、2017年10月7日から2018年1月7日まで、イギリス・ロンドンのRoyal Academy of Artsと2018年2月5日から5月28日まで、アメリカ・フロリダ州のThe Dali Museum, St Petersburgにて開催された展覧会を機に刊行されました。この展示及び書籍は、20世紀を代表する芸術家のデュシャンとダリの見過ごされがちな関係を、詳細に調査しています。一見、正反対にも見える両者は、はシュルレアリスムのグループを介して1930年代に出会い、その後数年に渡って、強固な友情関係にあり、パリ、ニューヨーク、カタルーニャで共に時間を過ごしました。本書で専門家は、エロティシズムとアイデンティティ、そして科学、光学、宗教、神話への両者の驚くべき関与を中心に、共通のテーマを探求しました。各章では、各作品の重要な箇所が豪華に描かれ、また、彼らの友情の永続的な暖かさを示す未公開であった写真、手紙、エフェメラを掲載しています。

出版社:  Royal Academy of Arts
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 224ページ
サイズ:  27 x 24 cm
状態:   新品
その他:  カラー図版150点

販売価格

4,500円(内税)

購入数



新入荷!