ゲオルグ・バゼリッツ【The Heroes】

ゲオルグ・バゼリッツ(George Baselitz 1938年 - )旧東ドイツ出身の画家。アンゼルム・キーファーやフランチェスコ・クレメンテなどと共に「ニュー・ペインティングやネオ・エクスプレッショニズム (新表現主義1970年代後半〜1980年代中頃まで)」を代表する芸術家の一人でもある。東ドイツから西ドイツへと移り、そこでアメリカ抽象絵画などの新しい表現に影響を受けた。1957年から1962年に西ベルリン芸術学校で学び、1963年には同都市にて初個展を開催。その後、代表作でもある「破損絵画」(1966年)を制作。1969年には、もう一つの代表作「さかさまの絵」を制作を開始。近年は、彫刻た木版画などの作品を手掛ける。抽象絵画の系譜から”モチーフ”や描かれる”モノ”への新しい思考を発見し、同時に西洋絵画の歴史的な技法を踏まえながら、新しい絵画を制作した。

本書は、1965年と1966年に制作した記念碑的なシリーズ「The Heroes」と「New Types」をまとめた一冊です。ゲオルグ・バゼリッツは、1960年代に主流となった抽象表現とそして表現主義の伝統に注意を向けながら、新しい独自の道を模索しました。
本作品シリーズは、社会に対する自分の立場をも反映しています。西ドイツの経済的なサクセスストーリーに反して、危機に品していた芸術家としての自己主張とアイデンティティの決定は、バーゼリッツに非常に力強い意欲をもたらしました。

出版社:  Hirmer
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 166ページ
サイズ:  30 x 24 cm
状態:   新刊
その他:  図版100点

販売価格

4,600円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍