【Impressionist France】

印象派の絵画と写真の関係。そして、1850年から1880年までのフランスという国の国民的アイデンティティ。

1850年から1880年は、印象派の風景画と写真が栄えていた時代です。この時代の大規模な社会的/政治的な文脈の中で、画家と写真家は、フランスの競合するビジョンを構成しました。それは現代的で工業化されたものとして、あるいは田舎を反近代的な象徴として用いました。この時期に制作された絵画や写真、エドゥアール・バルドゥスやギャスターヴ・ル・グレイ、ビッソン兄弟、エドゥアール・マネ、ジャン=フランソワ・ミレー、クロード・モネ、シャルル・ネグレ、カミーユ・ピサロなどの作品を取り上げ、7つの場所、4つの学術的エッセイを用いて、多様で壮観な風景とフランスの国民性の概念と関係を探り、フランス印象派の斬新な見方をまとめた一冊です。


出版社:  Yale University Press
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 312ページ
サイズ:  28 x 25 cm
状態:   新刊

販売価格

4,000円(内税)

購入数



新入荷!