サイモン・フジワラ【Hope House】

サイモン・フジワラ(Simon Fujiwara 1982年 - )イギリス・ロンドン出身。イギリス人/日本人の芸術家です。現在は、ベルリンを拠点に活動。パフォーマンス、インスタレーション、フィルム、絵画、写真、彫刻などの作品を制作。家族など自分史を軸に小説のような物語を創作し、作品を構築していく。2005年にケンブリッジ大学の建築を卒業。フランクフルト造形芸術大学にてサイモン・スターリングに学ぶ。2010年にフリーズ・アートフェアにてカルティエ・アワードを受賞。国内外の主要な美術館や芸術祭で展示を行なっている。

本書は、2018年1月27日4月2日にオーストリア・ブレゲンツのKunsthaus Bregenzにて開催された展覧会を機に刊行されました。2018年の最初の同美術館の展示では、アムステルダムのアンネ・フランクの家の一部が再現され、そこにでは多くのレプリカやコピーを使用したインスタレーション作品が展示されました。商業というのは、歴史的なタブーでさえも取り込み、人々に体験と共に商品を販売します。本物と偽物、現在と過去、資本主義と歴史的責任、21世紀を生きるに人々への両価性を問います。

出版社:  Kunsthaus Bregenz
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 272ページ
サイズ:  30 x 25 cm
状態:   新刊
その他:  図版162点

販売価格

4,800円(内税)

購入数



新入荷!