ヨゼフ・アルバース 【MoMA Josef Albers Wood Jigsaw Puzzle Set】

ヨゼフ・アルバース (Josef Albers 1888年 - 1976年)ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州出身の芸術家。1920年よりバウハウスのヨハネス・イッテンの元で学び、1925年にデッサウにバウハウスが移転した頃より、自身も同校で教鞭を執る。(同時期にアニー・アルバースと結婚)1933年には、アメリカ合衆国へ移り、ブラックマウンテンカレッジにて教鞭を執る。アルバースの色彩論「色彩構成」は、今なお多くの人々に影響を与えている。遠近法(透視図法)的な空間と異なり、アルバースの作品は、色彩による錯視のメカニズムを利用して、空間を運動へと導く。錯視の効果が他の影響を受けないように、あえて直線を組み合わせた作品を制作。しかしその直線は、ずっと見ていても飽きない豊かな空間とリズムを持つ。ヨハネス・イッテンの色彩論は今でも美術/デザインの基礎とされていますが、アルバースのさらに一歩進んだ色彩理論を展開している。20世紀の現代美術教育のプログラムを形成した。

GalisonのMoMA ヨゼフ・アルバースのウッドパズルセットは、お気に入りのアートブックと一緒に楽しんでいただけます。MoMA(ニューヨーク近代美術館)が所蔵するアルバート作品で遊ぶパズルセット。お子様にもそして大人にも。贈り物にもおすすめです。

出版社:  Galison
タイプ:  BOX
言語:   英語
サイズ:  15.1 x 28.1 cm
状態:   新品
刊行年:  2018年
ISBN:   9780735355439

販売価格

3,850円(内税)

購入数



新入荷!