ミヒャエル・ボレマンス【Magnetics】

ミヒャエル・ボレマンス(Michael Borremans, 1963年 - )ベルギー・ゲラールスベルゲン出身の画家、映像制作者。現在は、同国ゲント在住。
ボレマンスの絵画技術については、18世紀の画家マネやドガ、そしてスペインの巨匠ベラスケスが引き合いに出される。1990年代後半より多くの作品を生み出し、同時に世界的な注目を集めて始める。非現実的な構図は、絵画・ドローイング・彫刻・フィルムという異なったメディアで展開され、それは見るものに「奇妙な感覚」と「不安定な美の感覚」を与える。2004年からヨーロッパ各地の美術館やギャラリーにて展覧会を行なっています。ここ日本では、2008年ギャラリー小柳にて展覧会が開催されました。2011年には、横浜トリエンナーレ出展。2014年1月から3月にかけて、東京・原美術館/ギャラリー小柳にて展覧会。2020年9月19日から2021年2月28日には、金沢21世紀美術館にて、オランダの芸術家マーク・マンダースとの二人展を開催。

本書は、2012年〜13年にウィーン(オーストリア)にて行われた同題『MAGNETICS』展に合わせて出版されたものになります。ボレマンスの2001年から2011年までの代表作を取り上げ詳細なテキストにて紹介したミニブックとなっています。以前、日本のインタビューで面白いお話しをされていました。「過度にコンセプチュアルなものは、想像の余地がない。それは、私のやりたいことではないんです」弊店取り扱いの「Eating the Beard」と合わせて御覧頂いても、よりボレマンスの世界が楽しんでいただけると思います。

出版社:  Hatje Cantz
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語、ドイツ語
ページ数: 59ページ
サイズ:  16.3 x 11cm
状態:   新刊

販売価格

1,500円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍




新入荷!






人気書籍