ミヒャエル・ボレマンス【The Duck】

ミヒャエル・ボレマンス(Michael Borremans, 1963年 - )ベルギー・ゲラールスベルゲン出身の画家、映像制作者。現在は、同国ゲント在住。
ボレマンスの絵画技術については、18世紀の画家マネやドガ、そしてスペインの巨匠ベラスケスが引き合いに出される。1990年代後半より多くの作品を生み出し、同時に世界的な注目を集めて始める。非現実的な構図は、絵画・ドローイング・彫刻・フィルムという異なったメディアで展開され、それは見るものに「奇妙な感覚」と「不安定な美の感覚」を与える。2004年からヨーロッパ各地の美術館やギャラリーにて展覧会を行なっています。ここ日本では、2008年ギャラリー小柳にて展覧会が開催されました。2011年には、横浜トリエンナーレ出展。2014年1月から3月にかけて、東京・原美術館/ギャラリー小柳にて展覧会。2020年9月19日から2021年2月28日には、金沢21世紀美術館にて、オランダの芸術家マーク・マンダースとの二人展を開催。

本書は、2020年1月から7月までチェコのGalerie Rudolfnumにて開催された展覧会を機に刊行されました。絵画とビデオインスタレーションの作品30点が本書ではご覧いただけます。また、2019年に同ギャラリーのために制作された作品3点も含まれています。同展キュレーターPetr Nedomaによるエッセイ、美術史家Petr Vanousによるテキストも収録。
「彼の作品の主題は、時に潜在的に存在する現代の暴力性ともリンクしうるにも関わらず、その仕上がりはずば抜けた美しさが際立つ - Petr Nedoma(本展キュレーターより)」
黒張りの手帳のような、モレスキンのノートのような美しい装丁も魅力的な一冊。

出版社:  Galerie Rudolfnum
タイプ:  ソフトカバー
言語:   英語
ページ数: 104ページ
サイズ:  17.5 x 12 cm
状態:   新品

販売価格

3,960円(内税)

購入数
関連するオススメ書籍




新入荷!