ジョルジュ・ブラック【Georges Braque 1882-1963】

ジョルジュ・ブラック(Georges Braque 1882年 - 1963年)フランス・ヴァル=ドワーズ出身の芸術家。20世紀のフランスを代表する芸術家の一人でもある。1905年からのフォービィスム、そしてキュビズムの発展において重要な役割を果たす。1908年から1912年までの作品は、パブロ・ピカソの作品とも密接に関わっている、キュビズム作品においては、両者の作品の判別が何年もの間、困難であった。少年時代は、家業の見習いをしながら、夜間にアーヴルのエコール・デ・ボザールにて絵画を学ぶ。1900年にパリに移り、モンマルトル界隈に住居。初期は、印象派の作品を製作していたが、1905年からのフォービィスムに移行する。アンリ・マティスやアンドレ・ドランは、朝やかな色調を採用していたが、ブラックは、より落ち着いた色を好んだ。その後、ポール・セザンヌの影響を受け、次第にスタイルを変化させた。1908年から1912年は、幾何学と同時視点を反映した作品を製作。キュビズムが到来する。光と遠近法の効果の徹底的な研究を行い、画像を断片化し平面と三次元の両方に見えるよう陰影をつける手法を見つけた。パブロ・ピカソと緊密な協力関係を築き、二人の芸術家の生産的なコラボレーションを行なった。兵役後、1916年後半には絵画製作を再開、今までの激しい抽象画がを和らげた。また、リトグラフや挿絵、彫刻作品のを制作した。現在、作品は、世界の主要な美術館に収められている。

本書は、2014年夏に刊行された書籍です。キュビズムの創設者であり、20世紀の最も重要な芸術家の一人であるジョルジュ・ブラックの芸術作品を見事にまとめた一冊。キュビズムの創設者として、パブロ・ピカソやファン・グリス、そしてコラージュのパイオニアとして、静物と風景の傾倒的な探究を続けました。古典的な伝統を受け継ぎながら、戦後の抽象画の先駆けでもある卓越したフランスの画家です。ブラックの芸術家としてのキャリの全ての段階をカバーするこの見事な書籍は、特に重要な段階に重点を置いて編集されています。フォービスムから1920年代に製作したカネポロスの描写、そして後期まで包括的に紹介。

出版社:  La Babrica
タイプ:  ハードカバー
言語:   スペイン語
ページ数: 272ページ
サイズ:  30 x 25.5 cm
状態:   新品

販売価格

7,000円(内税)

購入数



新入荷!