シャジア・シカンダー【Extraordinary Realities】

シャジア・シカンダー(Shahzia Sikander, 1969 - )
ドローイング、絵画、版画、アニメーション、インスタレーション、パフォーマンスなど様々なメディアで活動を行う、パキスタン系のアメリカ人のビジュアルアーティスト。1991年にパキスタン・ラホールの国立芸術大学を卒業。在学中より、画期的な卒業作品The Scrollで新しい細密画の活動を開始。その後、修士過程のため合衆国に移住し1995年までRhode Island School of Designに学び、1997年までヒューストン美術館のGlassell School ofArtのCOREプログラムに参加。
ジェンダーの役割、セクシュアリティ、文化的アイデンティティ、人種的な物語、植民地・ポスト植民地的歴史を探求しながら、古典的な中央・南アジアの細密画の伝統を拡大・破壊しつつ、新しい独自性に富んだ細密画作品は、数多くの賞を受賞しているほか、国際展での展示や、国際的にコレクションされている。

本書は、1987年から2003年の間に、南アジア、西アジア、西洋の視点から作成された、彼女のパワフルな初期作品をまとめた一冊。ラホールと合衆国における彼女の初期の発展を、豊富な作品図版によって紹介します。
特にパキスタン、1990年代の国際的なアートの論説、現代の世界的実践と論争における彼女の細密画と現代アートとの対話とその重要な役割をたどり、幅広い鑑賞者に新しい理解を提供する作品集となっています。


出版社:  Hirmer
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 154ページ
図版:   カラー90点
サイズ:  26.7 x 21.6 cm
状態:   新品

販売価格

5,800円(内税)

購入数



新入荷!






人気書籍