マンマ・アンダーソン【Skulptur】

マンマ・アンダーソン (Mamma Andersson 1962年 - ) スウェーデン・ルレオ出身。スウェーデンの現代アーティストの中で、重要な人物の一人。現在は、同国・ストックホルムを拠点に活動している。1986年から1993年、Royal University College of Fine Arts in Stockholmにて学ぶ。映画のイメージや劇場のセット、その時代特有のインテリアなどに触発されながら、朧気で意味深長な構図を用いる。全体的な構成は、世紀末前後の北欧の伝統的な具象絵画を思わせますが、平坦な構成や絵の具の厚塗り、筆跡のテクスチャーは独特の世界を作り出している。2003年には、ヴェネチア・ビエンナーレに参加。2010年には、アメリカ・コロラドのThe Aspen Art Museumにて初個展を開催。Karin Mamma Andersson とも表記される。

アンダーソンの作品は、映画のイメージ、劇場のセット、時代のインテリアから着想を得ており、夢のような、表現力豊かなものであることで知られています。
作品のスタイルは、時代の変わり目の比喩的な北欧の絵画、民芸品、地元または現在の土語が含まれていますが、絵画空間の刺激的な使用と厚い絵の具と流されたようなテクスチャの並置は彼女独自のものです。主題は、刺激的でメランコリックな風景と認知しにくいプライベートなインテリアを中心に展開しています。


出版社:  Nieves
タイプ:  ペーパーバック
言語:   英語
ページ数: 20ページ
サイズ:  25 x 19.5 cm
状態:   新刊
刊行年:  2017年(First Edition)
ISBN:    9783905999792

販売価格

1,900円(内税)

購入数



新入荷!