デイヴィッド・ホックニー【A Chronology】

デイヴィッド・ホックニー(David Hockny 1937年 - )イングランド・ブラッドフォード(ウェスト・ヨークシャー)出身。イギリスを代表する画家。1960年代にはアメリカ合衆国でアンディ・ウォーホールらと出会い、ポップ・アートに大きな影響を与えたアーティストの一人でもあります。1960年代にレジデンスにてアメリカ・カリフォルニア州に滞在、その後もアメリカ国内の様々な場所を巡り、30年以上に渡り同国を拠点に活動。友人らを描いたポートレート作品から、ポラロイド写真を用いたコラージュ、版画、ドローイング、など明るい色彩を特徴とした作品を制作。また、スカラ座やメトロポリタン歌劇場などの舞台芸術も手掛けている。近年、約30年振りにイギリスへ戻り、自身の故郷ヨークシャーの自然を描いたシリーズも発表。

ポップアーティスト、現代ライフスタイルの画家、風景画家、色彩の達人、イメージと知覚の探求者… 60年間に渡り、ホックニーは世界とその表象の可能性を探求し、常に新しい方法を見つけるアーティストとして知られきました。ロンドンのSwinging Sixtiesでグラフィックラインと統合されたテキストの使用、 1970年代のカリフォルニアのライフスタイルを代表する有名なスイミングプールシリーズ、彼が生まれ故郷のヨークシャーに戻った後、綿密に観察された肖像画と鮮やかな色の特大の風景画など、ホックニーは一貫して忘れられないイメージを作成してきました。
その他にも、彼が見たものを紙に直接転写するドローイング、空間を無数の詳細な視点に開く多焦点のポラロイドコラージュや、ホックニーの長きにわたる実験の楽しさを証明する最新の媒体を使用して光を捉えるiPadドローイングがあります。

本書は、タッシェン社の40周年を祝うために、『David Hockney:A Bigger Book』の2巻のモノグラフから新たに組み立てられたスペシャルエディションです。
ホックニーの人生と作品が、その時代の声との対話として年毎にまとめられ、肖像写真や展示風景が補足された年代順のテキスト、アーティストによるレビューと考察が掲載されています。
そしてページごとに新しい視点を開き、ホックニーが自身の芸術的研究をどのように行うか、彼の絵画がどのように発展するか、そして多面的な仕事のインスピレーションをどこで見つけるかを明らかにします。

出版社:  Taschen
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 512ページ
サイズ:  22 x 16 cm
状態:   新刊
刊行年:  2020年
ISBN:   9783836582490

販売価格

4,600円(内税)

購入数



新入荷!