ブルース・ナウマン【The Ture Artist】

ブルース・ナウマン(Bruce Nauman 1941年 - )アメリカ・インディアナ州出身の芸術家。
作品は、彫刻、写真、パフォーマンス、ビデオアート、インスタレーション、パフォーマンスなど作品形態は多様である。ヴィトゲンシュタインの後期思想に刺激を受け、哲学探究で語られる言語ゲームの引用が見られる。また、前衛音楽からの影響もある。1960年から1964年に、The University of Wisconsin Madisonにて数学と物理学を学ぶ、1965年から一年間はThe University of California, Davisにてアートを学ぶ。1966年にカリフォルニア州に移住し、自身のスタジオを開設。同年、ロサンゼルスにて初個展を開催。1968年にはヨーロッパでも個展を開催。後にカリフォルニア、ニューメキシコなどに拠点を移し、1992年にドクメンタにビデオ作品にて参加。1999年のヴェネチア・ビエンナーレにて金獅子賞受賞。2004年、高松宮殿下記念世界文化賞・彫刻部門を受賞。同年、テート・モダンのタービンホールにて展示。1960年代後半より、多くの作品を制作し、現在も多くの世代に影響を与えるアーティストの一人である。

本書は、ブルース・ナウマンの1960年代から近年に渡るまでの作品と制作風景の全貌を280ページ以上に渡り、豊富なカラー図版と共に紹介した書籍となります。刊行が遅れていたこのナウマンのカタログ・レゾネのような書籍がようやく出来上がり到着しました。300点のカラー図版は見応え充分です。



出版社:  Phaidon
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語
ページ数: 288 ページ
サイズ:  30.5 x 23.8 cm
状態:   新刊
その他;  カラー図版300点

販売価格

11,000円(内税)

SOLD OUT
関連するオススメ書籍




新入荷!






人気書籍